同居世帯の住みやすい間取りのはずが居心地が悪くて後悔

結婚を機に、同居のメリットデメリットも充分確認して建てたはずですが、いざ住んでみると玄関の場所から失敗。

玄関を若夫婦よりに作ったので、出入りの音も響きリビングは、集いやすくしたはずがテーブルの位置も定まらず、右にやってみたり左にやってみたりもしますが、何か住みにくい。

キッチンとリビングが横につながっているため、家族を見届けれることもなく見晴らしもよくない。

料理をしながら、家族を見渡せるり角度がよかったなと感じます。

洗濯機からの動線がない。

ベランダもなく、庭に干す始末。

洗濯を終えたら、玄関から一度でるしかない。

トイレの場所も若夫婦よりに作っているため、落ち着ける空間ではない。

家を建てるとなると収納の配置、キッチンのデザインなども色々こだわりたいが、まずは住む人のタイプを把握していかに落ち着ける場所を作るかにこだわればよかった。

夫婦といえども、今はブライバシーがある時代ですし、プライバシーがある前提でリビングだけでも集まれる場所が必要。

2世帯住宅の知識を充分に理解して挑むべきだったなと思う。

来客用にと、6畳一間の空間があるが来客がこないときは使いみちがない。

使う頻度がまず少ない部屋が、ゆくゆく物置になるのは目に見えているからあまり使わないだろう部屋を作るより、そのぶん違うの部屋の間取りを増やしたかったと思う。

同居世帯には、夫婦の寝室だけで一間設けるのではなく、寝室とくつろげる空間を足して少し広くとり就寝後、ゆっくりできるように作るべきでした。

もっと詳しく⇒https://中川区注文住宅.net/